Happy Life

大浦おいしいもの

2018/01/14 Sun

クロワッサンダマンドが食べたくなったら
ココへ行きます。長崎ではここのが一番美味しいと
思うのですYUMIKO的には。

今日は、キッシュやシナモンロールもいただいてきました。
おいしそーって、包んでくださってる時についつい私が
つぶやくので、半笑いでキョトンと見られてしまうのですが
本当に美味しいのです。
IMG_20180114_181818.jpg    
そこから真っすぐ進んだところに、美味しいケーキ屋さんが
出来たと聞き、そこにも立ち寄ってキュートなケーキも
数点いただいてきました。これは夜食用に・・・。
IMG_20180114_182122.jpg
大浦界隈の美味しいものをゲットして、いい週末になりました。

スポンサーサイト

新年明けましておめでとうございます

2018/01/04 Thu

 新年明けましておめでとうございます。
今年も相変わらず怒涛の年越し
元旦は起き上がることすら出来ず。

家の中は大掃除もできないままクリスマスを
引きずった状態で、とうとう
歳神様をきちんとお迎えできず
新年を迎えました(笑)

なので今年は海外バージョンで1月6日まで
クリスマスでいくことにしましたぁー。

でも、今年はちと、気合いを入れてやりたいことが有るので、
長崎中の神様にバックアップしていただきたい!
でっ、新年のご挨拶はしておこうかと。
長崎十神社初詣しました。
今、長崎九社スタンプラリー
なるものも行われているので、初詣がてら
最初にお参りに行った立山の金刀比羅神社。
初めて行ったのですが、想像を超える坂道と階段!
もう死ぬ~っと思う位過酷な初詣でした。
20180104211216046.jpg 
次にお参りしたのは西山神社これまた183段の階段過酷!
20180104210547d97.jpg 
初めてていく神社も多くて色んな発見もあったりして
いい長崎さるくになりました。
竜馬さんにもご挨拶
201801042105467e8.jpg 
長崎中の九神社+諏訪神社詣でを一日で制覇!
制覇記念は九社神が詰まったお守り!
20180104210540ca5.jpg 
最後の締め詣でのお諏訪さんで、新年早々ハプニング
九社初詣疲れのクタクタ素っぴんで
中継クルーに出くわし、そのまま本年お初テレビ出演!
20180104210539898.jpg
相変わらずのドタバタキャラの年始め
落ち着きの無さは今年も否めないなぁ~。

今年も全力投球で頑張りますので
皆様本年も変わらず温かいご支援、ご指導
の程宜しくお願い申し上げます。


定例のラウンド

2017/12/06 Wed

最近、生徒さん方と定例のゴルフ。
IMG_20171204_095755.jpg
まぁ腕前はイマイチの私は、ついていくって感じです。
一番ヘタッピーなのに練習もしないのでうまくなる要素が
ある訳もないのですが、今回も皆様方はラウンド前の
練習に行ってる時に私はのんびりコーヒータイム。
この時間が至福~んなのです。
IMG_20171204_095821.jpg 

なんといっても運動不足気味の私は大空の下、
気持ちよく運動できるので最近は楽しく回っています。


ゴルフ場のランチってどこもイマイチですが韓国人がオーナーの
ココのスンドゥブは美味しいのですよ。
スコアよりこれが楽しみで行ってる(笑)
IMG_20171204_125633.jpg
今回はまぁまぁのスコアでしたぁ~!







長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

2017/08/11 Fri

8月9日は午後からのお仕事だったので式典に参列
朝降った豪雨のおかげで今年は少し暑さが和らいでおりました。
IMG_20170809_102925.jpg
今年も会場は遺族はじめ沢山の人々が参列していました。
なぜか
式典会場に入ると、毎回こみ上げるモノがあり奥歯をぐっとかみしめ
こらえなくてはなりません。
IMG_20170809_102752.jpg  
市長・知事・国会議員・総理大臣とズラッと並ぶなか始まった式典。
飛び立つ鳩達にすら泣ける。
市長による平和宣言・・・お国には届くのでしょうか・・・。

以前、雑談中で
「長崎は原爆、原爆ってもういい加減いいんじゃないか
なんか陰気臭い・・・観光地なのだからもっと明るい事で地域おこし
すればいいと思う・・・」との話になったことがあり。

確かにそうだなと思う所もありながらも「陰気臭い」という言葉が
心に残ってた。県外の人はそう思ってるのだろうかと・・・。

式典中もこの言葉がグルグル回っていた。私はその言葉に意外と深く
反応し、傷ったのかもしれません
あの時グッと感じたのであれば
どうしてその言葉に、きちんと原爆のことを説明できなかったのか
と、言った人がどうとかという事ではなく
自分の不甲斐なさにムッとして後悔しているだけなのだけれど・・・。
IMG_20170809_115054.jpg
原爆に対する知識って被爆地以外の人はほぼそうなんだろうと思いますしね
でも今回の参列で私は
「陰気臭かろうが、昔のことにとらわれ過ぎてると言われようが、
 これが被爆地の役目じゃ!!これが被爆地に住むもんの役目じゃ!!」
という事にしたのであります!
IMG_20170809_114847.jpg
「平和への誓い」はこれまで被爆者団体から選出されていましたが
今年40年ぶりに公募での選出となったそうです。
今年の宣言は被爆者深堀好敏さんでした。
原爆写真を収集し活動されていた方ですね。少し前
この収集写真の「黒焦げの少年」の身元が
判明したというニュースが流れましたね

宣言台までの長い通路を、支えられながら来られたその姿に
私の周りでも目頭をおさえながらスッと背筋を伸ばし始めました。
その後ろ姿に皆、無意識に敬意を払い・・・。
会場も一体になり平和宣言に向かった感じでした・・・。。


https://youtu.be/NjnrzJkZ_oU

宣言が読み終わると、長い間鳴りやまない拍手でした。
そのくらい心に刺さる素晴らしい宣言文でした。

88歳の年齢という事からも、命あるうちに
被爆者として人生をかけて訴えた言葉であったと感じました。

日本人もアメリカ人も原爆にかかわった人々の
人生の終盤が見えてきたいま、あの時の事を語り始めています
封印していたものの
抱えて人生を終えるには
重過ぎる現実と真実なのでしょう・・・。

この写真もそうですね

報道写真家 ジョー・オダネル撮影 「焼き場に立つ少年」 (1945年長崎の爆心地にて) 

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
すると、白いマスクをかけた男達が目に入りました。
男達は、60センチ程の深さにえぐった穴のそばで、作業をしていました。
荷車に山積みにした死体を、石灰の燃える穴の中に、次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が、歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は、当時の日本でよく目にする光景でした。
しかし、この少年の様子は、はっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。
しかも裸足です。
少年は、焼き場のふちまで来ると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしています。
背中の赤ん坊は、ぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。

少年は焼き場のふちに、5分か10分、立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に、初めて気付いたのです。
男達は、幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。

まず幼い肉体が火に溶ける、ジューという音がしました。
それから、まばゆい程の炎が、さっと舞い立ちました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を、赤く照らしました。
その時です。
炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気が付いたのは。
少年が、あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に、赤くにじんでいました。

夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま、焼き場を去っていきました。

(インタビュー・上田勢子)[朝日新聞創刊120周年記念写真展より抜粋]

NHKドキュメンタリー
http://www.dailymotion.com/video/xzghxa#.UYKKBxyILXp
この写真の真実を知ってもまだ、
戦争や核武装は仕方がないと思うのでしょうか・・・。
IMG_20170809_112721.jpg
政治家やお国の方々が読み上げる慰霊と平和への言葉
通じるモノを何も感じなかったなぁ~。

いい経験になりました。

今年の一人平和活動

2017/08/08 Tue

今日はとんでもなく暑かったぁ~。
selfiecamera_2017-08-08-14-56-55-946.jpg
お昼はソーダとサラダ!で終了!さすがに食欲なし!
IMG_20170808_145336.jpg
明日は72周年長崎原爆の日 
毎年8月8日に一人、平和記念公園へ
IMG_20170808_210037.jpg
祖母の形見と共に原爆犠牲慰霊碑に手を合わせに行きます
IMG_20170808_205913.jpg
IMG_20170808_205404.jpg
年に一度、一人平和について考える日今年で22年目です。
今年は仕事の都合で夜の訪問となりました。
明日の記念式典の為、たくさんのボランティアの方々が
まだ働いていました。夜に降った雨のせいでとっても蒸し暑い夜でした。

今年も私はここに手を合わせに来ることが出来た。
普通に訪れてくれた「明日」という奇跡を重ねて来れている。
朝起きて、また新しい日を送ることが出来ている。
生きてるってね・・・。

日本中が風水害に見舞われ、犠牲になる方もいて・・・。
自分が被害者になるんんて,想像もしなかったであろう・・・。
同じように、まさか自分が原爆の犠牲者になるだろうなんて、
想像しながら暮らしていた人は誰もいなかったであろう・・・。
IMG_20170808_205557.jpg
隣国はミサイルを遠国はテロ、自国は・・・。
時は経ち、何の変化もないように思えていた日々と心は
気づかないくらい少しずつ変容している。暮らしは豊かに
なってきたのに・・・どうしてこんな感じなのだろうか・・と
思う人も多いのではないのだろうか・・・。
IMG_20170808_205652.jpg
先日NHKであっていたドキュメンタリー「満洲開拓団の女たち」
開拓団の皆を生きて日本に帰すために接待と言う名の犠牲と
なった未婚の女性たちの話だった・・・戦死より辛かったであろう・・・
「戦争に女はつきもの」という言葉が悲しかった。
http://www.labornetjp.org/news/2017/1502106234586staff01

昨日は被爆者でもある林京子さんのドキュメンタリーも

原爆が落ちた後、ゆらゆらと人々が歩いていて、すれ違う人の
皮膚が垂れていた、それを見て自分の顔を触り、私の皮膚は
垂れていない、良かった・・・と、何が起きたのか
自分が今どんな状況なのかすらわからず、焼けただれた人を見て
自分を確認しながら焼け野原をフラフラと歩いたと・・・。
私、戦争は体験してないからわからないし・・ではイケない気がした。
原爆だけではない戦争の悲劇。
悲劇っていう言葉ですら軽すぎるでしょう・・・きっと
戦争と原爆から、時間は経ち、人の心は痛みや悲しみを
忘れかけてきてる・・・楽しい事や仕事のやりがいに心弾むことも
多くなってきているであろうが・・・。
望まない死と、死ぬことより辛い日々を送ることがないように
皆で思いやりの心を持つ世になりますように・・・。
年に一度、こんな事を思い考える日を与えてくれた祖母に感謝してる。
小さな事だけども、何かいつかきっとできることがあるって思うの・・・。
だから長崎に居る。
プロフィール

ライフスタイル&フードクリエイター 「YUMIKO]

Author:ライフスタイル&フードクリエイター 「YUMIKO]
長崎で活動中の食空間プロデューサー「YUMIKO」の気ままな日常や、空間コーディネートサロン&おもてなしクッキングサロンなどの様子を気ままにUPします

最近の記事
ホームページ
フリーエリア
FC2カウンター
フリーエリア
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
最近のコメント