FC2ブログ
Happy Life

西暦2019 令和元年も終わりに・・・。

2019/12/29 Sun

いよいよあと3日で令和元年が終わります。
元号が変わると、不思議と私の周りも
いろんな事が変わったような気がします。
来年はもっと、いろんな変化が起こる予感がします。
さて、
私は今年、止めたことがありました。

止めたことは、
「料理教室でつくるメニューをお洒落なものにすること」
昨年ぐらいからずーっと考えていて、今年止めることにしました。
  
何も言わず止めたので、生徒さんの中には、
最近お洒落じゃな~いって思った方もいたかもしれませんが・・・。

いろいろ思うところがありまして、その一つ
インスタが流行ったせいか、どこを見ても非現実的で
テーブルコーディ的な、イメージ写真の中に料理があって
イメージ先行のコマーシャルフォトばかりになったなぁ~って
こんなの毎日してる訳ないでしょうなどと自分でも
思うようなったりして・・・。
綺麗すぎていったい何を????・・・って、
しっくりこない違和感がありまして・・・。

ちょっと私も、その傾向になりかけていた!
と、ハッとしたから。
IMG_0694.jpg  
「ご馳走」って意味が本来の意味から変わり、
ご馳走とは綺麗に飾られた料理やコーディネートだと
思う人ばかりになりはしないかなぁ~と・・・。
これはちといかんぞ!と
「目の前の美しさばかり追い求め評価する事」になりはしないかと
「料理の成り立ちを想像すらせず食べる」ばかりになりはしないかと
ちょっと自分に問うてみたのです。

私が料理を始めたのは、料理には人を造る
パワーがあることを伝えたかったから。

そのパワーの元になる食材をつくる人たちの
労も合わせて作り、食べてもらえる料理と食卓を
作ってもらいたかったかったから・・・。

当然、飾るテクニックも最低限必要とも思いますが・・・。
過剰すぎる演出は毎日の食卓にはいらないね・・・。

私は、大切な人に本当の「ご馳走」を作りたいと思っている人に
必要な段取りや、食材の事、ちょっとの工夫等を伝えたかったから。

だからデモンストレーションやお食事会みたいな
お教室はしないと決めのだし・・・。
結果、自衛隊の様な料理教室と言われたりして・・・(笑)

非日常過ぎる料理を伝えたかった訳ではなかった.
毎日365日でご飯作る中で、
「ちょっと気分変えたくなった時、作れる料理」
「ちょっとこんなんも作れるでぇ~とドヤ顔」みたいな料理。
思い立ったらすぐに作れる料理・・・。

なので、出来るだけお取り寄せや
特殊過ぎる調理器具を使わず、作れるものを
作ろうと思って始めた事を思い出したから・・・。

最近は、ネット動画も沢山あるし、調理だけならそれで十分作れる。
調理ならそれでいい
でも私は調理ではなく、料理を作る事にこだわりたい。

その料理を作るために必要だった
人や土地や季節の事などを共有したい・・・な、と。

テーブルコーディネートのレッスンでも
料理の本質がわからなくなるような
コーディネートはやらないようにしています。

あくまで、そこに集う人たちが
出てくるお料理を心から楽しんで味わうためのコーディネート
高価なお皿を並べまくったり、
ヒラヒラと邪魔になるような華美な飾りはやらないように・・・。
主役はお料理であるためのコーディネート力である様にと・・・。

来年もこのスタイルは変えずに行きたいなぁ~と思っています。

時々、テンション上げるためのお飾りは行いま~っす!が((笑)

お腹空いてるとき、お酒も一緒に飲みたいとき
晴れとケ等それぞれに、パパっと作れるご馳走を届けたい。
IMG_0696.jpg
「ご馳走の意味」
料理を食卓に並べる為には、まず食材を買い集める為に走る人がいます。
その食材をお店に並べる為に走る人がいます。そして、
その食材を育てる為に走る人がいます。たくさんの人が走り回って、
私たちの前に初めて料理として並んでいるのです。
贅沢な食事とは、決して高額な豪華絢爛な食事ではありません。

「いただきますとご馳走様」
食べものが自分の口に届くまでに関わったすべての人への
感謝の意味も込められている、とても奥深い言葉なのです
料理を授けてくれた人、料理を作ってくれた人に対し
感謝の意を伝えることが礼儀なのです。



スポンサーサイト



師走の事

2019/12/29 Sun

今年も無事にすべてのレッスンを終え。
最後の大仕事に一っ跳び・・・。

長崎もここ10年色んなモノ・事が大変化しています。

働き方改革??一体なんなの??と思うことも多く。
特に技術職というスキルワークの考え方が、ものすごく変わってきたます。
修行と言う言葉が消えてしまったようです。
目の前の結果にしか価値を見いだせない人が
多くなってきたのかなぁ~。切ないです。
修行して長く培われる術を身に就ければ
今は大変でも、将来大逆転が待ってると思うのですが
そんな風に考える人を最近はあまり見かけなくなってしまいました。

それに伴い、10年前には考えてもみなかった仕事が増えてる。
海外リクルート。今年はミャンマーへ行くことになりました。

あまり身近に感じる国ではない・・・仏教国で穏やかな国のイメージ
でしたが最近は、ロヒンギャ難民の問題が大きく報道されているので
何となく気乗りしない旅でした。

この国から長崎で働いてもらえる人材を探します。
ヤンゴンと言うミャンマーでは大きな都市。
IMG_20191217_175217.jpg 

IMG_20191217_175202.jpg
本当にまだまだ発展途上の国でした。
IMG_20191217_170915.jpg
衛生環境も良くないとのことで、そこの所
考慮してホテルは、5つ星に
IMG_20191219_084118.jpg 

IMG_20191219_084113.jpg
でも、バスタブにお湯を張るとうっすら黄色。
これは外食なども危険!!のレベルでした。

毎日美味しくご飯を食べて、健康に安全に生きることって、
本当に大変な事なのだと思い知ります。

この仕事で、海外を訪れる度、何ともやりきれない気分になる。
日本と言う国、日本人であるという事・・・・。
私たちは、いろんなものにボケきってるな・・・と
途上国の若者たちは、懸命に何とか余裕のある暮らしを
手に入れる手段として、日本と言う国を目指しています。
IMG_20191218_103320.jpg
日本語や習慣を学ぶために、大きな借金をして
背負った家族皆の人生を日本での就労に懸けている。

日本に行って頑張って働いて、自分の為に使うのではなく、
その給料のほとんどを仕送りして家族を助けます・・・。
10代から30代前半くらいの若者たちです。

日本で働くために人生をかけ、家族の生活を背負い懸命に学んでいます。
その状況を目の当たりにすると、やりきれない。
傲慢な先進国はこの心を利用して、自分たちの利益にしようとしてるので
はないかと・・・でも、私たちはこの子たちの力を借りないと商いの継続も
ままならない状況になってしまってるのも本当のところ。

この子らの様なエネルギーを持つ日本人は、どこに行ったのでしょうか。

面接をするとそれぞれの子がかかえる事情が分かる
でも、その皆を、日本に連れていくことは出来なくて、申し訳なく・・・。
いろんなことが滞在中ず~っと脳裏を巡り続けるのです。

なので、心身ともに芯から疲弊して帰ってきました・・・。










今日はサブレ

2019/12/04 Wed

最近は歳のせいか、市販のバターは胃もたれするようになり
フレッシュバターを使うようにしています。これだと全く胃もたれがない、
しかしながら日持ちしないので冷凍保存で、そして
ちょっとお高いので解凍しながらチョビチョビ使います(貧乏性なので)。
そんな流れから、
先日、グラスフェッドの発酵バターを購入してみました。
牧草だけ食べて育った牛さんの生乳から作られたバター
きっとさっぱりとして自然な美味しさなはず!
発酵バターなので、コクと香りがいいはず!
その良さを最大限に味わうためにバターサブレを焼きました。
IMG_1304.jpg
サックリと焼き上がり発酵バターの香りは想像上に・・・。
これも大事にチョビチョビ食べていきます。

暖かな師走

2019/12/01 Sun

今日はいつもより少し暖かな朝ですね
さぁ師走に入りました。何やかやと忙しくなります。

今日はコーディネートレッスンの日
生徒さんのお茶菓子を焼きました。
レモンケーキで~っす。
IMG_1300.jpg  
国産レモンは今が旬
直売所にもたくさん出荷されていますので
塩漬け用や、お料理用にいつもたくさん買い込みます。
その地レモンを使ってケーキを焼きました。
ちょっとアーモンドケーキみたいになりましたが
レモンアイシングで仕上げたのでさわやかなレモンの香り
いっぱいのケーキです。

季節もの

2019/09/26 Thu

猛暑の夏かと思ったら・・・・。
すっかり朝晩は、肌寒く長袖シャツが必要なくらい
日本は春と秋が短くなってるような・・・・。

町の田んぼも稲刈りが始まってます。直売所には栗が袋売りされてます。
お買い物で買ってくる食材も、里芋、さつまいも、紅鮭など
秋の季節ものが多くなってきました。

そろそろリンゴのお菓子の時期かなぁ~と市場へ・・・。
紅玉リンゴを探すも・・・どこも無し。
今年は少し遅れてるそうです。でも脳内はタルトタタンになってるので
紅玉に近いりんごを選ぶことにして「サン津軽」で
IMG_20190926_194024.jpg
キャラメリゼしたフレッシュ林檎と今回はカトルカールケーキの生地で
焼き上げました。家族も大好きなリンゴのお菓子
早速パクリ
酸味がちと足りないような感じでしたが・・・まずは初物🍎
IMG_20190926_195328.jpg
次は、土瓶蒸しもいただきたい季節でございますねえ~。

プロフィール

ライフスタイル&フードクリエイター 「YUMIKO]

Author:ライフスタイル&フードクリエイター 「YUMIKO]
長崎で活動中の食空間プロデューサー「YUMIKO」の気ままな日常や、空間コーディネートサロン&おもてなしクッキングサロンなどの様子を気ままにUPします

最近の記事
ホームページ
フリーエリア
FC2カウンター
フリーエリア
カテゴリー
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
最近のコメント